■Product Details.

コンセプト – 〔Packable Series : 旅の荷造りをスマートに。〕
素材名称 : GARMENT DYED NYLON. 
機能 : 防皺、防汚、軽量、対引裂強度
組成 : NYLON 100%

このパッカブルシリーズは旅の荷造りをスマートにするというコンセプトのラインです。このラインの商品は全てパッカブルで、衣服内部にある「パッカブルポケット」に収納が可能です。この機能を可能にしたのは特殊な糸。ミクロ単位で起毛したナイロン糸は、まるでコットンの様な肌触りを持ちながら、シルクの様なハリコシを持ち、ナイロンの強度を持つ糸。その糸をマイクログログラン状の組織に織り上げることで皺になりにくく、軽く、強く、天然素材の様な着心地を備えたテキスタイル(TEATORA ORIGINAL TEX)に。
ビジネスにも耐える面を持ちながら、機内ではリラックスでき、雑に扱えるタフさ。旅の帰路、増えがちな荷物、コートもジャケットもボトムスもこんなに小さく。もうガーメントケースは要りません。くるくると丸めて、旅先で増えた荷物の中にポーンと投げ入れるだけ。パッカブルシリーズはビジネストリップに煩わしいガーメントケースを排除し、到着後の着替えの手間すら省きます。

コンセプト – 〔for Nomad Worker : ノマドワーカーのための手ぶら機能。〕
機能 : hans free

WI-FIインフラの安定により、働く場所を固定する必要のなくなった現代クリエーター。Nomad Workerと呼ばれる彼らにフォーカスしたシリーズは、「ノマドワーカーを、よりアクティブに」というコンセプトから生まれました。タブレットやスマートフォン、wi-fiや充電器といった持運ぶべきデバイスの多い彼らを「手ぶら」にするという目的から生まれました。

《Device Cruiser》
ノマドワーカーの為に開発されたこのボトムスの最大の特徴は、もはや鞄と言っても過言ではない、あらゆるデバイスを収容出来る収容力。また、星の数ほどあるポケットパンツの中で特筆すべきはその佇まい。シャツやTシャツをアウトすれば、全くポケットワークを感じない佇まいになり、ビジネスシーンにも対応します。

〔装備と機能〕
・トートポケット – 左右にipad相当のデバイスや丸めたマガジンなど収納できる大容量ポケット。
・デバイスパーテーション – 細々したデバイスを仕分けるのに最適な間仕切り型オープンポケットをトートポケット内に内蔵
・ウォレットポケット – 通貨やカード、スマートフォンなどを収納するのに適したファスナーポケット。

〔デザイン〕
・しなやかさと軽さのあるテアトラオリジナルテキスタイル(ナイロン100%)。程良いコシがありながらもコットンの様な柔軟性もあり、非常に肌触りと着心地が良いです。
・立体的なカッティングにより表現されるテーパードシルエット。
・両サイドに大きくポケットがデザインされており、ジップ仕様や仕切りが付いている為、荷物を整理して収納する事が可能です。
・ボトムス内側全体は総パイピング処理が施され、着用時の無駄なストレスを無くす効果があります。

〔仕様〕
・ポケット×4(ジッパー付き/仕切りあり)
・素材 nylon100%

■Size Spec. [ メンズ ] 【2】ウエスト:70-80cm 総丈:97cm 股上:26cm 股下:71cm 腿幅:32cm 裾幅:18.5cm
【3】ウエスト:74-84cm 総丈:99cm 股上:27cm 股下:72cm 腿幅:33cm 裾幅:19.5cm
・ウエストはスピンドルとゴムで調節出来るイージーパンツ仕様の為、幅広いサイズに対応をしています。

■MADE IN JAPAN

〔TEATORA – Brand Concept〕
『GEAR WEAR = 衣服を装備するという意識』
TEATORAは“装備”することでクリエーターのパフォーマンスを上げることを目的とした、これまでの衣類とは全く異なる視点で“装備”を研究、開発しています。洋服を着る目的すら変えてしまうような現代機能の装備を目指すというフィロソフィーからGEAR WEARという言葉が生まれました。

〔Designer Profile〕
ブランド名:TEATORA
ブランド設立:2013年A/W
デザイナー:上出 大輔

 

ショッピングページでは、スタッフの着用画像や、より多くの商品画像をご覧頂けます。

>> TEATORA 通販

>> TEATORA 入荷情報

>> TEATORA ブランド紹介

=======================

https://shop.ciacura.jp/

[ 通販・お問い合わせ Tel : 059-349-6815  Mail : shop@ciacura.jp ]