guepardの新作が届きました。

 
 
 
 
 
 
■brand ; guepard
■item ; GP-15
■Product Details ;
現代においても世界最高品質と称される1940年代から50年代のフレンチヴィンテージフレームをベースに、サイズ感などを現代風に微調整して展開するアイウェアブランド、guepardのGP-15。guepardではマテリアルに比較的お手頃にご愛用いただけるアセテート素材を使用しており、現代的に微調整したデザインと相まってヴィンテージフレームのエントリーに最適な設定となっています。GP-15の特徴はアイウェアの印象を決定づけるレンズ横の鋲部分を3つのドットになるようデザインし、テンプル部分にも同じ雰囲気の2つのドットを配した点。レンズの形はデザインの近いGP-05に比べてややコンパクトなデザイン。この曲線の美しさはフレンチヴィンテージを根底から見つめ直すguepardならではのデザインとなっており、存在感のある本物のフレンチヴィンテージフレームさながらの雰囲気をお楽しみいただける一本に仕上がっています。レンズはデモレンズではなく初期の状態からguepardが特別に製作したフラットレンズを装着しているため、そのまま伊達メガネとしての使用が可能。この特別なレンズは裏面にだけマルチコーティングを施し、レンズ表面は無垢状態のままにすることでコーティング技術が無い時代の雰囲気を再現した仕様となっています。

■Material & Processing ; Acetate:100%
■MADE IN JAPAN
 

 
 
guepardの新型、GP-15。
1950年頃のフランスで大流行したクラウンパントと呼ばれるフレームデザインです。
 
なんでもフレーム上部のカットがクラウン(王冠)の形に似ていることからそう呼ばれるとか。
 
パント、というのはメガネの定番型であるボストン(ラウンド)タイプのことなので、
くっつけると、王冠のような形の丸型タイプメガネ、ということです。
 
個性的な上部のカットを下部で中和しているようなフレームで、
ほどよい存在感があるものの、意外と日本人の顔にも馴染みやすい形なんです。
 
とはいえ、やっぱりメガネはかけてみないとわかりませんよね。
フレーム2色と、レンズ4色ご用意しましたので、ぜひ店頭へ。
 
きっとguepardらしさを感じて頂けることと思います。
 
 

 


 

新型コロナウィルス感染拡大防止の為、店内ではマスクの着用にご協力ください。

また、発熱などの症状がみられる方のご来店はお控えくださいますようお願い申し上げます。

ご来店、お待ちしております。

 

 

 

着楽 / ciacura / チャクラ
〒510-0885 三重県四日市市日永5丁目2170 (駐車場有)
(最寄り駅:JR関西本線-南四日市駅より徒歩10分 あすなろう鉄道内部線-泊駅より徒歩5分)
[ 通販・お問い合わせ Tel : 059-349-6815  Mail : shop@ciacura.jp ]
営業時間 12:00-20:00 火曜・水曜定休 ※祝日の場合は営業

    

 

Scroll to top