尾花智子さんの、紙コップのようで、紙コップでない器。

16_05_31_obana
■Product Details.
今から約1200年前に起源を持つ伊賀焼きの産地、三重県伊賀市に拠点を置き、伊賀市周辺で取れる土を使用して作陶している作家「尾花智子さん」の作品で す。紙コップをモチーフにした陶器製のユニークなカップは、実際に市販されている紙コップから型を取り製作しています。インドでは飲み干したチャイのカッ プ(素焼き)を地面に叩きつけて割るという古くからの慣習があるのですが、近年では紙やプラスチック製のコップを使用する所も増えているそうです。それを 体験した作家が思いついたのが、紙コップのカタチをした陶器製のコップ。利便性を求めて開発された紙コップの工業的な美しさと、土の持つ自然な温かみが組 み合わさった、とても素敵な作品に仕上がっています。

■Size Spec.
[Large] 直径:約8cm 高さ:約11cm   [Small] 直径:約6cm 高さ:約7.5cm

■Weight.
[Large] 約110g  [Small] 約55g

■MADE IN MIE

 

紙コップの素朴で無機質な雰囲気を残しつつも、
伊賀焼きのぬくもりや柔らかさをプラスして、
古くから伝わる伝統工芸の技術を、現代の道具として昇華させています。

 

心安らぐティータイムのお供に。

 

〔尾花智子さんの器〕
https://shop.ciacura.jp/?mode=cate&cbid=1893832&csid=0